宮島の駐車場情報を集めてみました。車で宮島に行く方はぜひご参考ください。

宮島らしいグルメといえば、牡蠣、穴子、もみじ饅頭、そして広島のお好み焼き。宮島グルメ四天王。
いずれも定番で、色んなお店の色んな味がありますが、宮島島内は正直「高い」。観光地価格です。
そこで、マイカー観光ならではの、ちょっと宮島から離れるけど車なら行ける一押しのお店を紹介します。
   



というわけで、宮島だけでなく、その近辺も含めた独断と偏見のランキングです。味のランキングではありません。
しかも、ご当地ならではという条件で集めてみました。個人的な好みなので、あくまでも参考程度にお願いします。

(M−1の「M」は、宮島の「M」と宮島口の「M」、そして名物の「M」です。特に深い意味はありません。また、価格等は変動しますので予めお店にお問い合わせください)




宮島にわたると焼き牡蠣1ケ250円が相場で、やっぱり観光地価格。対岸には味も鮮度も変わらないのに安い店、あります。たらふく牡蠣を食べたい人はチェック!



炭火で焼き牡蠣「食べ放題」。牡蠣好きにとっては何とも魅力的な響きです。牡蠣の一番おいしい食べ方は焼き牡蠣。しかも牡蠣業者直営のお店だから、鮮度・品質も間違いなし。60分で大人2,300円、子供1,000円。ほかに鍋や釜飯もあり。冬〜GWまでの期間営業です。
(九州方面へ車で2分)
季節の和ごはん たがへい

丁寧な仕事がよくわかる和食屋さん。ちょっと高めの価格帯ですが、「牡蠣フライ定食(1,300円税込)※ランチのみ」は絶品。提携している「健牡蠣」の厳選した牡蠣だけにこだわっている。牡蠣はやっぱりフライが一番おいしいような。その他の牡蠣メニューも充実しております。
(関西方面へ車で10分)
.
楽屋のべおか

イタリアンメニューが中心の居酒屋風。昼は本格的なランチメニュー(セット1,000円〜)が味わえる。個性ある創作メニューが多く、冬は牡蠣を使ったメニューも豊富。料理のジャンルが豊富なので好みに合わせて楽しめるのがポイント。ランチでも飲みでも使える優良店。
(関西方面へ車で10分)
遊食当番ザコザコ

地元で大人気の居酒屋。新鮮な地元産の魚介類を安く提供してくれるので、リピーターが多い。牡蠣だけでなく、他のお魚メニューも間違いなし。夜からの営業ですが、宮島観光の帰りにいかがでしょうか?週末は予約しないと入れませんよ!

(関西方面へ車で10分)
お店じゃないけどお土産にオススメ
マルマ水産

かきやの佃煮 しょうゆ味

地元で獲れた牡蠣を、自店で丁寧に手づくりした逸品。大粒牡蠣のみを厳選して使用しているのも生産者だからこそのこだわりと価格(900円税別)。ホテルのメニューとしても採用されている品質で、白いご飯にそのままのせて食べると最高。 







宮島の対岸、「はつかいち」はお好み焼きのメッカ。ソウルフードであり、地元文化。そんな住民の厳しいこだわりに鍛えられたお店だけが残っていける激戦区。

にかいのてっぱん キッチンK

こだわりの鉄板メニューが人気のお好み焼き店。「はつかいち牡蠣盛焼」は、ひろしまフードフェスティバルのてっぱんグランプリに出品した新メニュー。地御前産の大粒な牡蠣がどーんと4粒も乗っかる何とも贅沢な逸品。1,400円というゴージャスな料金も納得の豪華さ。

(関西方面へ車で10分)

お好み焼き 千富(ちとみ) 

住宅街の隠れた小さな名店。材料の選定や調理法など、随所にこだわりが。ソバを秘伝のダシでのばして、野菜を蒸し焼きにすることで素材の甘みを引き出す。ネットの口コミで評判が広がり、遠方からのお客も多い。明るいおばちゃん店主との会話も楽しみの一つ。

(関西方面へ車で7分)

.
お好み焼き 福の神

お好み焼きはオーソドックスな広島流。常にシンプルで本物の味を追求しており、お好み焼きにうるさい地元民からの評価も高い。キャベツ増量は嬉しい無料。いつもカープの話題で盛り上がっている店内は、これぞ広島のお好み焼き屋。でもなぜかよく観光客が集まるお店です。

(関西方面へ車で10分)
お好み焼き もりちゃん→→MOVIEをチェック!→→

こちらもメイン道路から一本奥に入った地域密着店。いつも研究熱心なマスターは、味に一切妥協なし。ご家族3人で運営しているので、温かさが店全体から溢れ出ています。観光客の方にお越しいただくと、マスターは特に嬉しいそうですよ。駐車場がないので、近くのゲーム屋に停めてから行きましょう。
(関西方面へ車で8分)





あなご処 さくら庵城山

宮島のもうひとつの名物「穴子」の専門店が提供する、牡蠣と穴子がたっぷり入った贅沢な一品「元祖宮島丼」。炊きたてご飯に、ふわふわの穴子とプリプリの牡蠣。地元の人も利用するお店なので、味も価格もお墨付き。
(宮島口から徒歩1分)



鳥の足を炭火で焼いて甘辛く味付けたワイルドな料理。東日本では揚げるらしいですが、こちらでは炭焼きです。骨までしゃぶりつきます。山口が本場ですが、宮島口でも味わえます。

山口
山賊 宮島口わたや


.

.


「もみじ饅頭に続け!」ということで開発されたスイーツ。チーズと餡のコラボがナイスです。味も何種類かありますが、個人的には抹茶がオススメ。要冷蔵ですが、手土産にも最適です。

公式サイト
イートイン:宮島口
わたや
お持ち帰り:宮島やまだ屋


基本はもみじ饅頭と似ていますが、外側がもっちりとした生地で、ボリューム感があります。地元の人は、土産でもらうなら、もみじ饅頭よりこっちの方が嬉しいかも。大ヒット中の「生もみじ」よりは絶対美味い。

イートイン:宮島:
やまだ屋
/
 
 
シェフは本場ドイツでも高い評価を受けており、コンクールでも金賞を受賞した様子。純粋に美味い。今までのバームクーヘンは何?的な。人に自慢できる手土産です。在庫は要事前確認です。

(関西方面へ車で15分)

けん玉もなか 

宮島のある廿日市市(はつかいちし)は「けん玉発祥の地」として最近有名になっておりますが、そのけん玉をモチーフにしたかわいい最中。けん玉商店街にある老舗の和菓子屋「ながお」でのみ販売中。パッケージも可愛く特に女性に好評で、もみじ饅頭に続く手土産として人気上昇中?

(関西方面へ車で15分)